購入するのと賃貸とではどちらが得か?

kousoumansionマンション住まいをする場合、やはり何と言っても、
「購入するか、賃貸にするか」というのが大きな問題になってくると思います。

「賃貸で家賃を払い続けても、結局自分のものにならないのは損なのでは?」
「このまま賃貸暮らしを続け、老後になったらマンションは借りられるのか?」
など、不安の種は尽きません。

そこでこのサイトでは、「マンション購入」について、
そのメリットやデメリットを詳しく紹介したいと思います。

マンションの購入を検討している方は、ぜひお読み頂きたいと思います。

購入すれば最終的には得になる

それではまずは、「お金」の面で、購入と賃貸を比較してみたいと思います。
マンションを購入するのと、賃貸に住み続けるのとでは、どちらが得になるのでしょうか?

前提条件として、まず賃貸住宅の場合、家賃は10万円、
これが2年毎に0.3%上昇するとします。

敷金礼金を48万円、さらに2年毎に更新料として家賃1ヶ月分を払うと考えます。

購入の場合、物件価格は3千万円、頭金や諸経費として、650万円がかかり、
住宅ローンとして2400万円を、30年返済、金利3%で借りたとします。
さらに購入すればリフォーム代などもかかることになるので、
これが20年後と40年後に計200万円かかると考えます。

この条件で35歳から85歳までの間に支払うお金を比較してみると、
まずマンションを購入する場合、賃貸より初期費用がかかりますから、
その分支払うお金は多いことになります。
その後は、購入も賃貸も、どちらも年間に支払うお金は、約150万円です。

60歳までに支払うお金の総額を比較すると、マンション購入が5030万円、
賃貸が4000万円で、この時点では、
「賃貸のほうが支払うお金は少ない」ということになります。

ただマンションは、上の前提では30年後、65歳の時点で住宅ローンの支払が終わります。
そうなると、諸経費として年間38万円程度を払うだけで済むようになります。

賃貸の場合はその後も延々と家賃を払い続けなければなりませんから、
74歳の時点で賃貸が購入を上回り、85歳の時点での総額の費用は、
購入が6780万円、賃貸が7980万円と、賃貸が購入を上回ることになります。

こうして考えると、老後まで見据えた場合、マンションは購入した方が、
支払うお金の面では、賃貸より得であることになりますね。

この辺の事を考慮して選ぶ必要があるというおことなので、
なるべく最新の情報をインターネットなどで探しておきましょう。
10年後も値崩れしないマンションの選び方なども参考になります。

もちろんお金だけでは決め切れないので注意が必要

ただもちろん、マンションを購入するか、賃貸にするかは、
支払うお金だけでは決めることができません。
それ以外の要素もたくさんありますので、慎重に検討することが必要です。

マンションを購入すると、どうしても長期に渡る住宅ローンを抱えることになります。
これを毎月安定的に払って行かないと行けないことになりますので、
「転職したい」等と思ったとしても、それが出来にくいという制約を抱えることになりますね。

また現在は、住宅価格の市場相場が右肩上がりの時代ではありません。
購入したマンションが手狭になったり、転居の必要が出たりして売却しようとしても、
売却価格が購入価格を下回り、大きな損失を出してしまうこともあり得ます。

マンションを購入するというのは、それなりのリスクを抱えることであると、
理解しておくことは必要だと思います。

賃貸は身軽で動きやすいのは確か

賃貸マンションの場合、転職する、転勤する、収入が下がった等の場合に、
身軽に動きやすいのは確かです。
現代は先が不確実な時代ですから、抱えるリスクをできるだけ少なくすることは、
それなりに大きなメリットがあると考えられると思います。

またマンションを購入する際に必要となる頭金や諸費用の、上の例なら650万円を、
マンション購入費用に当てず、運用して増やすという事も考えられます。
650万円を1%・1年福利で運用すれば、25年後には797万円、2%なら983万円になります。

老後に家が借りにくくなるのではという心配もあると思いますが、
最近は高齢者向けの賃貸住宅も増えています。
ですからそれ程心配しなくても大丈夫かもしれません。

このように、マンションを購入したらよいのか、賃貸にしたらいいのかは、
それぞれにメリット・デメリットがあります。
よく考えて、決める必要があると思います。

住むマンションが決まったら次は引っ越し

マンションを購入するのが賃貸にするのか、いずれにしろ、
新しく住むところが決まったら、次は引っ越しの準備をしなければなりません。

引っ越しシーズンの場合は、できるだけ早いうちに、
引っ越し業者に見積もりをお願いする必要があります。

新築マンションの場合は、モデルルームを見ただけでは、
具体的な構造をはっきりと知ることができないかもしれませんが、
引っ越し前に、住む階の構造やエレベータの位置などについては、
しっかりと把握しておくようにしましょう。
高層マンションに住む場合には、特に、注意が必要です。

また、中古でマンションを購入する場合は、
すべての階にエレベータが配置されていない場合もありますから、
あらかじめ確認しておくことが必要です。

引っ越し料金はエレベータの有無、
引っ越し業者のトラックを駐車できる場所の有無など、
色々な要素によって、異なります。
引っ越しに必要な情報はきちんと確認しておくようにしましょう。

特に最近では引越し価格の競争によって料金は安くなりましたが、
その分サービスの質が低下して、色々とトラブルになるケースも増えているようです。

引っ越し業者選びは慎重にやらなければならないので、
業者の比較サイトなどを参考に、なるべく評判の良い業者を選ぶことをお薦めします。

万一トラブにあってしまったときは、すぐに業者の本社へ連絡を入れるとともに、
部屋の状態や荷物の状態などを写真、出来れば動画などに残しておきましょう。
特に荷物の破損などがあった場合は、証拠を保全しておかないと補償が受けられないケースもあります。

トラブルが心配な場合は、若干割高かもしれませんが、
やはり知名度の高い大手の引っ越し業者を利用する方が無難だと思います。